自己PRは自分の言葉で

自己PRは自分の言葉で オーディションの自己PRで大切なことの1つは、自分の言葉で審査員たちにアピールするということです。
オーディションはよほど場馴れしている人でもない限りは、非日常的な空間で緊張から普段のパフォーマンスが出せなくなるものです。
しかし芸能人として舞台やテレビに出れば、もっと多くの人間の前で話したり、動いたりすることになります。
こうした場で教科書に掲載されているような模範解答ではなく、自分らしさを出すということは、場馴れしている、度胸があると評価してもらえます。
自分らしさを出すべきもう一つの理由は、ライバルたちとの差別化です。芸能界を目指す人間の数は今も昔も多く、最大手のオーディションでは1万人近い応募があります。そんな中で他の人間と同じような真似をしていたら、よほど圧倒的な容姿や才能でもない限りは埋没してしまうでしょう。
高倍率の競争を勝ち抜くためには、まず何としても審査員たちに自分の存在を印象づける必要があるのです。

オーディション時に言葉以外の方法でできる自己PR

オーディション時に言葉以外の方法でできる自己PR オーディションでは大抵いくつかの指定された試験がありますが、特技を披露したり考えて自己PRする時間も設けられます。その時に自信をもって披露できる特技などがあればいいのですが、とくにない場合でも気にする必要はありません。
大切なのは楽しんで過ごすことです。楽しむ事を伝えられることや周りを巻き込む力は魅力的です。また、言葉以外でも立ち居振る舞いが相手に与える印象は強く、例えば航空機の客室乗務員に印象の悪い人はあまりいないのではないでしょうか。一般的に良いとされる振る舞いがオーディションにマッチするとは限りませんが、今のままの自分自信を曝け出すことが周りに埋もれずアピールできます。時には自信のなさが、コンプレックが自己PRとなることもありますし、目的のものに合格しなくても別の道につながることもあります。
言葉だけで説明しようとするのではなく、表情や話し方などの動きで憧れの人を演じてみることもいいと思います。とにかく楽しんで挑戦することが一番です。

新着情報

◎2022/9/21

情報を更新しました。
>オーディションの情報を得るにはどうしたら良い?
>近年オーディション詐欺が増えている?トラブル事例を紹介
>実在するスターたちもオーディションを勝ち抜いてきている
>審査員によるオーディションとはどんな感じ?
>オンラインオーディションの導入が進む時代に

◎2020/12/23

デビューをするまでの道のり
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

オーディション用の写真はスタジオで
の情報を更新しました。

◎2020/5/12

チャンスを掴めるオーディション
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

将来の目標を持つと熱意が持てる
の情報を更新しました。

◎2019/11/7

自己PRは自分の言葉で
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

サイト公開しました

「オーディション 緊張」
に関連するツイート
Twitter

オーディションで全く緊張しなかった強心臓

俺が行った公演ではオーディション時と初ライブ一発目の緊張マシマシガタガタ演奏の時に拍手起こらなかったの観客の理解度が高過ぎてビビり申した

芸能活動をしたことのない子が初めてのオーディションですから、緊張するでしょう でも審査員はその内面と将来性を見抜いたのでしょうね エントリーナンバーがかっきーと同じ😁

昨日の乃木中見終わったけど、レイちゃんがレイちゃんしてて終始面白かった。乃木談でもどっかでいってたけどホントにオーディション緊張しなかったのね

オーディション緊張した😌 受かりますように😌